post

予防接種(インプラント.木村歯科.東海市)

おはようございます!
寒い日が続いていて、朝お布団から出るのが嫌になっちゃいますね~
うちはまだ、ストーブを出さずにエアコンの暖房ですごしていますが、そろそろ限界がきてます
すご~~く寒いです

さて、先日名古屋に遊びに行ったときに、カフェのお姉さんと雑談していたのですが
名古屋のほうではもうインフルエンザが流行っていて、学級閉鎖してる高校もあるそうです
東海市は大丈夫なのかな・・・

皆さんはもうインフルエンザの予防接種はしましたか?
私は、まだですが、予防接種うけないといけないので病院に予約の電話を入れてみました
・・・なんともうほとんどの病院で一時的なワクチン切れがおこってるそうです
次の入荷は12月下旬なんだとか~~~

予防接種受けれるまでインフルエンザにかからないように祈りつつ、今日も頑張って一日をすごします
みなさんも、風邪に気をつけて!
今日もよい一日を~

杉浦 2017年12月2日

ホワイトニングのメリット/デメリット(ホワイトニング/東海市/自費治療)



こんにちは!前回は、「ホワイトニングの種類」について、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングのお話をしました!

今回は、ホワイトニングのメリット・デメリットについてお話しします。

まずはオフィスホワイトニング...
・短期間で効果を得たい方にオススメですが、色の戻りがおきやすいです。
・自分でホワイトニングをするのが面倒な方にオススメです。

ホームホワイトニング...
・何ヶ月か継続して使用することになるので、効果が現れるのに時間がかかりますが、色の戻りはおきにくいです。
・しっかりした効果を得たい方にオススメです。

そして、ホワイトニングを考えている方に注意点がいくつかあります!
・ホワイトニングは天然歯に有効な方法なので、‘差し歯‘や‘詰め物‘を白くすることは出来ません…
・ホワイトニングを行うと、歯がしみる症状がでることがあります。(知覚過敏であったり、歯が削れたり、すり減ったりしている方は特に注意してください。

ホワイトニングを行う前に、しっかりとカウンセリングを受けていただくと安心ですね
奥田
2017年11月27日

ホワイトニングの種類(東海市/ホワイトニング/自費治療)

「ホワイトニング」とは、もともとの自分の歯を白くする方法です。
ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の二つの種類があります。

オフィスホワイトニング
   ・歯科医院で、歯科医師の管理の下で行う通院型のホワイトニングです。
(当院では初めての方は上の歯、下の歯の2回に分けて行い、その後は半年以内に1回ずつ定期的に行います。
もし半年を超えてしまった場合は、また2回に分けての通院になります。)

ホームホワイトニング
  ・自宅で、ご自身で行うホワイトニングです。
(専用の薬液を歯面に塗り、照射器の光を当てて行います。大体3ヶ月続けて行った時の白さが限界です。
当院では照射器を一ヶ月ごとに無料でレンタルすることができ、専用の薬液、開口器を購入していただければ気軽にホワイトニングができます!)

ホワイトニングに興味のある方はぜひご相談くださいね
奥田

  2017年11月24日

冷え(東海市.インプラント.歯科)

おはようございますsmiley
また一段と寒くなりましたね
11月なのに、1月並の冷え込みがきてるらしいですね~
寒いのが苦手なので、暖房が消せなくて困ってます
夜もお布団から出られない毎日です

今週は、木曜に祝日がきてるので皆さんも私たちと一緒の木曜日やすみですね!
お出かけの予定は決まりましたか~
私は今週末に長島スパーランドに1年ぶりに行ってきます♪
楽しみ~!でも、あまり寒くないといいな・・・笑

今週も頑張りましょう!

杉浦 2017年11月20日

2017.11.17 ドライマウス(東海市、インプラント、口腔外科)

こんにちわ(*^^*)
寒い寒い季節になりましたもう冬ですね(^^;
今日はドライマウスについてお話しようと思います( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )
皆さんドライマウスって知ってますか?

ドライマウスとは口の中が乾いて唾液が分泌されていない状態の事を言い、

正式には、「口腔乾燥症唾液」と言います。

 

唾液は口内を中和し虫歯を予防してくれるのですが、口内の唾液が少ないと虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

ドライマウスの原因には、水分補給が足りないこと以外にも様々な原因があります。

 -ドライマウスの原因-

 ・口呼吸・飲酒・喫煙・ストレス・内臓疾患

 ・薬の副作用・加齢 

ドライマウスの症状が急に増えた場合、内臓疾患の可能性を疑ってみる必要があります。

 

<予防方法>

良く噛んで食べる事が大切です。そうすることで唾液の分泌が良くなり、ドライマウスを予防できます。

また、普段から鼻で呼吸するように意識することも予防に繋がります。多くの場合、睡眠中は口で呼吸しているものです。

頻繁にドライマウスになるようでしたら寝る時にマスクを着用するのも一つの方法です。

その他にも、飲酒を控えたり、ストレスを溜めない生活をする、禁煙するなどすぐに始められることもあります。

皆さんも気になったら当院にご相談ください(*ˊ˘ˋ*)。♪:


中島

2017年11月18日