about

木村慎吾歯科クリニックの理念

木村慎吾クリニックでは3つをモットーに治療に取り組んでいきます。 Clean Communication Consideration

院長紹介

院長 木村慎吾

経歴

1989年

岡山大学歯学部卒業

1989年4月~1990年3月

名古屋大学口腔外科入局

1990年4月~1991年3月

中部労災病院口腔外科勤務

1991年4月~1995年3月

掛川市民病院口腔外科勤務

1995年4月~1997年6月

名古屋市中区の開業医にて勤務

1997年7月~

木村慎吾歯科クリニック開業

院長 木村慎吾

所属

  • (社)日本口腔外科学会会員
  • 日本インプラント学会会員
  • 日米医学医療交流財団賛助委員

症例数

埋伏歯抜歯(親知らず) 1,000例以上
歯根嚢胞摘出術 500例以上
顎骨骨折整復術 50例以上
上顎洞根治術 20例以上
唾石摘出術 10例以上
骨切り術(外科矯正) 5例以上
インプラント 300例以上

ドクター紹介

ドクター紹介
矯正歯科専門医 戸苅惇毅

26年間にわたり臨床・研究・教育に従事し、助教授を最後に、平成10年から現在地で矯正歯科臨床に専念している。

岩手の災害救護

2011年4月14日(木)~4月21日(木)の1週間、愛知県歯科医師会から災害救護の依頼を受け、院長が被災地へ行ってきました。
診療車で、陸前高田市の下矢作コミュニティー、長部小学校、山田高校、大船渡小学校、吉里吉里小学校をまわり、多くの被災者に一般診療を行いました。大人も子供も口腔内の衛生状態は最悪な状態の方が多く、設備が不十分の中での診療であったため、どのようなトラブルに直面しても何かを代用するなど、とにかく完結する根性が必要でした。
避難所内には手書きの歯医者の訪問日を書いたポスターが貼ってあり、僅かながら我々歯科医の協力も被災者にとっては重要なんだと感じました。

岩手の災難救護
岩手の災難救護
岩手の災難救護

避難所内には手書きの歯医者の訪問日を書いたポスターが貼ってあり、僅かながら我々歯科医の協力も被災者にとっては重要なんだと感じました。

岩手の災難救護
岩手の災難救護
岩手の災難救護